南九州観光列車の旅

JR九州は、かつては「乗らない」「不便」というマイナスの印象ばかりが目立っていたけれど、ここ10年くらいでかなり様変わりした。それは九州の列車の印象を主にデザイン面からがらりと改善した取り組みが功を奏してのことだと思う。私はかつて「デザイン満開 九州列車の旅 展」でそれを目の当たりにし、いつか乗ってみたいと思っていた。

今回の九州の旅でその一部が実現した。
九州の観光列車は九州全土をぐるりと網羅しているので、一度にすべてを乗ることは不可能だし、その最高峰にある「ななつぼし」は価格と予約の面で今のところ非現実的。とうわけで、今回は鹿児島と熊本を結ぶ路線の観光列車を一日で3つも乗れるコースというのにトライしてきた。

まずは鹿児島中央駅から、はやとの風。



この列車は外装は渋くてかっこいいが、中身は明るい木の調度品だった。ネジが薩摩じゃないか!



吉松駅から、いさぶろう・しんぺい号に乗り換えた。
この列車は高低差の激しい地形を克服すべく、スイッチバックやループという工夫をしている。



終点の人吉駅では、にゃんこ先生を発見。どうやらここはアニメのモデルの土地らしい。



そしてSL人吉に乗車!!



鹿児島中央から新八代まで、三台の観光列車に乗ってきた。
途中はほんとうに田舎。彼岸花がとてもきれい。そういえば鹿児島の彼岸花は赤白がメインで、黄色や橙色も豊富なのが印象的だった。普通に花壇に植えられて、さながらチューリップのノリ。妖艶な雰囲気は皆無だったよ。
そして行く先々の駅舎が歴史ある木造建築で、飽きるくらい木造建築だらけで、こういうのが好きな人には垂涎モノだと思う。



こどもがいなくて、もうちょっとゆっくりできていればね〜。
と考えるのは贅沢な悩みかな。今回は満足に撮影もできなかったとはいえ、実家の家族も同行してくれたのでかなりお世話になった。

鹿児島には指宿方面を走る「指宿のたまて箱」という列車もあって、こちらは線路際から見かけることが出来た。

九州列車の旅はオススメ!

自分のルーツとはやぶさ旅立ちの地

お彼岸の頃、母方のご先祖のお墓参りに行ってきた。
鹿児島の大隅半島のまんなかあたり。
何十代も続いたという農家は、数学教師を目指して大阪に出た祖父の代で途絶えた。
土地とお墓だけ残っていたが管理する者も無く今は朽ち果てるばかりである。
いろいろと思うところがあるが…とりあえず、豪雨の中、墓参り。



先祖の地からそう遠くないところに、はやぶさが旅立った内之浦がある。
こちらはさらに陸の孤島…射場が建設される前は本当に何も無かったらしい。
今だってアンテナと射場跡以外は何もない。でも夢がある。
まさかここに来る機会があるとは思わなかったので、ほんと感無量だったよ。
だって、ここから、彼が…って思うと…おお…。



旅程の関係で20分しか滞在できなかったけれども、行ってよかった。

そういえば、「行ける筈もない」と思っていた憧れの地に、実は結構行けている。
宇宙関係でいえば臼田も家族旅行のついでに行ったし、一番嬉しかったのは南イタリアのオストゥーニかな。
明日更新予定だけど、この旅行で九州の観光列車にも乗れた。
願いは叶うものなのだ。ずっと思い続けていれば。

次のコミティアは11月23日

こんにちは、TOKOです。

夏のコミティアが終わったぞー!と思いきや、もう次の申し込み。次回は11月23日に東京ビッグサイトで開催予定です。イベント30周年記念の集大成ということで、イベント自体もかなり大規模ですし、数々の企画が計画されているようですよ。

ささきさは水彩画集『銀河採鉱記』の発行を予定しています。画集は初めて…というか、カラー絵を売り物にすることが実ははじめてで、ドッキドキです。ぜんぶ書き下ろしなので枚数はそんなに多くないのですが、がんばって制作中ですので楽しみにしていてくださいね。

表紙絵をモノクロに書き直してサークルカットにしました。



よろしくおねがいします!

instagramの記事をtwitterに自動投稿

二百十日の穂。幸い好天が続いている。



さて、創作活動・同人活動をネットで公開するツールがここ数年で爆発的に増えた。10年位前はいわゆる「ホームページ」を構えておけばよかったのが、ブログが主流になり、SNSが幾種類も登場し。
いろんなところで情報発信したいし人と繋がっていたいけれど、この身はひとつでかけられる手間や時間は限られている。となれば、選択と集中をしたうえで、機械の力に頼ろう、ということになる。

私の現状はこんな感じ。

Webサイト:不動の情報を蓄積する場所
ブログ:多少まとまったテキストと画像を投稿する場所
アナウンス用twitter:ささきさの最新情報を投稿する場所(※1)
私語用twitter:個人的なお喋り用(※2)
instagram:スマホから画像を投稿する場所


Webサイトは更新頻度や方法が独特なので別枠として…
ブログ、twitter、instagramはどうにか連携できないものかと悩んでいた。特に何がしたいのかというと、

ブログやinstagramの投稿を、複数のtwitterのタイムラインに画像表示して投稿したい

この一点。
実は現状ではtwitter投稿に割ける時間がほとんど取れていない。一方でinstagramへの写真投稿はわりとコンスタントに行っている。写真の中には創作活動の進捗もあれば、かなり私的なものもある。instagramの創作活動関連の写真をアナウンス用twitterに、私的な写真を私語用twitterに投稿できないものか。
instagramにはtwitter連携機能があるではないかと思われる方もおられるだろう。しかしこの連携ではtwitterに投稿できるものの、twitterタイムライン上では画像はURLが文字で示されるだけなのだ(2012年の暮れあたりに画像表示の連携サービスが終了したらしい)。それに単一のinstagramアカウントから複数のtwitterアカウントに振り分けて連携という機能はない。

ここで登場するのが、SNS連携サービスだ。

よく使われているのはIFTTTというサービス。無料で無制限に使用できるし、instagramとtwitterの連携も可能。ただこのサービスは複数のtwitterアカウントを登録できないらしい。

さらに調べて見つけたのが、Zapierというサービスだ。このサービスは無料コースだと月々で使えるタスク数(投稿数みたいなもの)が100と制限つきのため、あまり使えない…と思っていたら、数々の「タスクを増やす技」というのがあって、最大で1000ちょっとまで増やせるらしい。まず、すでにアカウントを持っている人からの紹介で100増える(ここからアカウント登録すれば初期で100増える)。そのほかにもタスクを増やす操作をして、私は現状、月に210使用できる。日に7回もinstagramに投稿しないのでこれで充分だ。

zapierは英語バージョンのみだが、わりと視覚的に登録できて簡単だった。まずinstagramと二つのtwitterのアカウント認証をする。次にZapという条件付けを行う。私の場合、

instagramでテキストに#ssksを含む写真を投稿したら…アナウンス用twitterに画像付投稿
instagramでテキストに#ssksを含まない写真を投稿したら…私語用twitterに画像付投稿


という二つのZapを作った。15分ごとにUPするので多少のタイムラグはあるが、それはあまり気にしていない。

画像付投稿にするとtwipicに画像がUPされるのでtwitterのタイムラインに画像が表示される。やっぱり画像は見てもらいたいのでこの機能はありがたい。一方、instagramに投稿したという情報は付加されないので、見てくれた人をinstagramに誘導したいのであればもう一手講じる必要がある(条件付けのときにinstagramへのリンクを追加する等)。

そんな感じで、ようやっと私のtwitterアカウントも最近になって画像投稿が増えてきた。せっかく作ったSNSアカウントだもの、内容は重複するけれど、定期的に更新できればそれに越したことはない。

ブログの投稿を画像付で、さらに時間差でtwitterに投稿するサービスについては、また別の機会に紹介したい。


※1:アナウンス用ですのでフォローやリプライは基本的に行っていません。
※2:鍵をかけていないので探せば見つかると思いますが、相互フォローには応じられませんのでご了承ください。

コミティアお礼

COMITIA109のささきさスペースに遊びに来てくださいましてありがとうございました!



ささきさのイベント出展はコミティアの年4回のみですので、毎回試行錯誤しつつ全力で挑んでいます。今回はたくさんの人に見ていただけたなあと実感できた回でした。わたしの夏休みの最後の宿題である「おもてなし」ができたかどうか、ちょっと不安ですけど。どうだったかな、楽しいコミティアの思い出のひとつになっていたら嬉しいです。(どうでもいいですが、「おもてなし」っていい言葉なのに滝川さんのおかげでネタワードになってしまいましたね…)

今回の新刊は委託の『ルーチカ図鑑 結晶』でした。実は今回限定で、こっそりペパクラのオマケつきでした。小さな八面体が三つ作れますので、作ってみてくださいね♪
それからフライヤーは恒例の読書感想画です。だいすきな作家ともさくらさんの作品から。「このフライヤー絵の話はないんですか?」と何度かたずねられました。そうですよね〜素敵な設定ですよね。黒髪眼鏡の昆虫採集少年と、虫になって彼に採集されたい少年って。気になる方は是非、ともさくらさんの短編集『潜水士とクラゲ』をお読みくださいませ。

本当は買いに行きたいものもあったのですが、結局撤収までスペースから出られずかないませんでした。太陽系が描かれた素敵なランチバックがほしかったのですよぅ。通販を探すかなあ。これほんと毎回思うんですけど、イベントを楽しみたかったらサークルさんかはしちゃだめですね。ぐすん。

次は11月のコミティアに申し込み予定で、新刊は水彩画集を鋭意製作中です。今回の夕食時にお友達に薦められたハイキューってアニメを見始めちゃってちょっとスケジュールがやばいんですけど、鋼鉄の意志で進めたいと思います。一日一話まで!一話まで!!(といいながら初っ端いっきに三話まで見た)

そうそう、いつもお隣同士でご一緒させていただいているサークル・ルノテオさんは次回からコミティア参加をお休みされるとのことなので、今回が最後のお隣同士です。ちょっと寂しいです。ルノテオさん、今までどうもありがとうございました!

ロコノは11月もお休みして、次章は2月の予定になります。どうぞよろしくお願いします。