SFサミット―今宵はお祭り!!

「日本SF作家クラブ創立50周年記念トークイベント 「SFサミット―今宵はお祭り!!」に参加してきました。

 実はSFは、たぶん普通の人よりは読んでいるけど、SFファンといえるほどではない…といった微妙な位置づけのワタクシ。お話についていけるか心配でしたが、まったくの杞憂でした。もしかしたらいつものトークショウよりもSFの要素は少なかったのかもしれません。作家さんの執筆の話など、示唆に富んだ話題がいっぱいで、あっという間に2時間半が過ぎました。


 若木未生さんの作品は高校生のころ「ハイスクール・オーラバスター」にのめりこんだきり・・・でしたが、ご本人のお話を伺って再びファンになりました。ご自身の子供のころの体験から、どうしてSF作家を目指すようになったのか・・・という冷静な自己分析が特に興味深かったです。作家さんのお人柄からファンになることなんて滅多にないことです。なかなか貴重な体験。


 それから、執筆スタイルについて。アナログかデジタルか、で盛り上がりました。デジタルは修正が容易にできてしまうのでどうしても修正にはしりがち。それに対して手書きは勢いがある、とう主旨だったと思います。
 それについては私も思うところがありました。テキストは書かないのですが、写真の「フイルムとデジタル」や絵の「アナログとデジタル」は体験済みだから。
 フイルム写真は一枚の価格がポジだとフイルムと現像あわせて200円くらいかかってしまうわけで、そうするとその一枚を撮影するのに魂がこもるんです。絶好の瞬間にシャッターをきるんだ!って気迫でファインダーを覗くの。それに素人じゃ編集も容易にできないから、構図も撮影時に完結するように風景を切り取ります。フィルムも、光の条件や表現にあわせて選んでました。
 でもデジタルだととりあえず撮影して・・・ファインダーもろくすっぽ覗かずにとりあえず連射で数打って、構図も広めにとって後でトリミングしたりするじゃないですか。色だってその場でホワイトバランスや色温度を変えられるし、撮影後にフォトショップで色相変換しちゃえばわりとなんでもいけます。
 だから、完成品はフイルムとアナログで優劣つけがたくても、それに至るプロセスが全然ちがうんです。魂がちがう。気迫がちがう。おそらく「作品」と呼べるものは、そういう魂のありようがにじみ出てきちゃったりするんじゃないかな。
 絵もそうですよね。大きく違うのはUndoの存在。やり直しがきかないアナログは、ペン先筆先を紙に置くときの緊張感がまったく違います。

 たぶん文筆についても同じようなことがいえるんじゃないかしら。デジタルよりも手書きのほうが、文章を世の中に生み出すとき(文字を書いたりタイプしたりする瞬間)の完成度が高い気がする。デジタルだとそのあとの推敲がより緻密に行えるから、完成度の低いところを補完できて、最終形は優劣つけがたくなる・・・けど、世に生み出される瞬間の文章っていうのは何か力があるんではないかと思いました。それが勢いだったりするんではないかと。想像だけど。

 あんまりうまくいえないけど、そんな感想をもちました。
 自分の昨今のアナログ回帰が肯定されたと勝手に結論づけたりして安心しました。


 雨のSFというお題で挙げられ作品はひとつもわからなかった・・・ わたしは小松左京の「つゆあけ」を思い浮かべました。でもあれは雨が降らない作品。
 
 登壇者のおひとり、池澤春菜さんとは、昨年度のきのこ展の絵を提出したり3月のルノテオ朗読会で朗読を聞かせていただいたりと間接的なご縁はありましたが、はじめてご挨拶しました(はじめましてってゆっただけですが)。
 この日はどんぐりが三つ編みしたようなかわいさでした。

 そんなこんなの、貴重な体験でした。
 SF読みます。

COMITIA106

 日付では昨日になりますが、COMITIA106が開催されました。
なんとか無事に終了しました。こちらでの告知ができなかったり、準備もギリギリだったりと反省点はいっぱいなのですが。しかも当日は大雨でお足元の悪い中お越しくださいましてありがとうございました。
 ラッキーなことにブースの配置に恵まれまして、たくさんの人の目に触れることができました。

 写真は、今回は開場が手狭で(募集数を超える応募を抽選ナシでみんな入れてくれた運営の努力の結果でもあるわけですが)引きの写真がとれず、ルノテオさんの写真まで入れることができませんでした。ルノテオさんはいつもながらグッズのラインナップが豪華で素敵でした。我楽多倶楽部も実は大物グッズをひっさげて参加する予定で、前回のコミティア後にいろいろ企画していたのですが、残念なことにお流れになってしまいました。少なくともこの秋冬に実現しそうにないので、大変落ち込んでいたのですが、気を取り直して計画を練り直しています。ルーチカカフェには何らかの形にしたいです・・・。

 まあでも、新刊が2冊もありましたから!うすっぺらな『ロコノ10』と前回よりボリュームアップの『ルーチカ図鑑 鉱物II』。
 『ロコノ10』は今週中に購買部(2週間限定通販)を行う予定です。『ルーチカ図鑑 鉱物II』はルーチカブログでご紹介し、販売はきらら舎ですでに開始しています。12月上旬にはそれら図鑑と関連したテーマのルーチカカフェも開催予定です。カフェは11月上旬にでもルーチカサイトにて告知予定ですのでチェックしていてくださいね。

 海外マンガフェスタの影響で海外の方と交流する機会もありました。もちろん英語。英語は大の苦手ですが、どんなにひきこもろうともグローバル化は避けられないようなので、もそっと勉強せねばならぬと痛感しました。

 そうそう、お友達のNYAISASさんが日本の宇宙機のCG本を出されたのですが、その中に我楽多倶楽部で以前便箋などに用いた「ひてん」「はやぶさ」の軌道図を使っていただきました。素敵なご本の中に一緒に入れていただいて光栄です!件のCG本は当日売り切れという快挙でして、イベント初参加とは思えない勢いです。今後のNAYSASさんの期待がふくらみます。
 そうだ、もしCG本を手にされている方がおられましたら、ひてんの6回目の遠地点がどこか違う空間に旅しているのを探してみてくださいね!あれは単にコンテンツの移動ミスとかの類だとは思うのですが、大好きなひてんの痕跡がほかのページにあるという事実に浮かれっぱなしでございます。ひてん大好き。もっとやれ。

中秋の名月


こんばんは☆
我楽多倶楽部です。

中秋の名月ですね。
写真は1日前に撮影したものなんで、まんまるではないけれど、端っこのクレーターの影がいい感じです。

さて、我楽多倶楽部は秋のコミティアと冬のルーチカカフェに向けて準備中です。
『ルーチカ図鑑 鉱物II』『ロコノ10』グッズもろもろ…
素敵なものをご提供できるよう、がんばっていますので楽しみにしていてくださいね!

COMITIA103

新刊が無かったのであんまり大々的に告知などしていませんでしたが、本日コミティアに参加してきました。遊びにいらしてくださってありがとうございました!

チョコなどの差し入れもいただきました♪
ほんとうにありがとうございます!
このカロリーは次回の新刊のエネルギーに変換しまする。TCAサイクル☆


本日のフライヤーは前半で配り終えてしまったので、フライヤー裏に書いていた徒然をこちらにものせておきますねー。

☆☆☆

 昨年の秋ごろから冬眠みたいにナリを潜めています。その間、我楽多倶楽部の活動だけではなく生活全般の再構築をしていました。その作業量がハンパなくて…これからお話しするのはその内容です。暇つぶしにお読みください。

 基本方針は『スモールイズビューティフル』。自分の手に負える範囲の活動、持ち物におさめること。
 若いころは欲しい物をできるだけ手に入れて、それに応じて収納場所も拡大しました。活動も関心があれば無差別に手を伸ばして食い散らかし…その結果…管理できなくなってしまったのです。場所はお金さえかければ広げられますが、管理には時間と手間もかかります。自分のキャパを超えたら人を雇うしかありません。それに部活動も活動時間は限られているので手を広げればそれだけ質が下がります。
 解決法はふたつ。一つは人を雇うこと、一つは取捨選択をすること。

 選んだのは「取捨選択+アウトソーシング」でした。

 たぶんこれから、物の管理で人を雇うということはなさそうなので、家の中は自分の手に負えるものだけに収めなくてはなりません。でも家の外で管理してもらうという手段は残っています。そこで、まず必要なものだけに減らし、残ったものを手が届く範囲においておきたいもの(日用品、道具等)と大切に保管しておきたいもの(在庫、思い出の品等)にわけ、後者をトランクルームに預けることにしました。最近では箱単位で預かってくれて、その中身の一部だけをほしいときに出庫できるシステムがあるのですね。操作もネットショッピングのような感じで。便利な世の中になりました。

 部活動も、これからの人生で使えるだろう時間を計算して、自分の作りたいものにかかる制作時間と照らし合わせました。たとえば、『ロコノ』はこの先何冊くらいコミティア新刊を出せば完結するだろうか、とか。そうして作りたいものに優先順位をつけ、この先数年間の制作予定が決まりました。きらら舎とのコラボレーションと業者へのアウトソーシングも整理しなおしました。
 それでこのたびのルーチカ仕切りなおしとなったのです。

 そんなこんなで生活の再構築。なかなか大変だけど面白いですよ。昨今取り沙汰されている「断舎離」は価値観の一つにすぎません。コレクターなんかは物を蒐集して管理すること自体が趣味ですし、乱雑に配置されたものを全て把握できる人、何が出てくるかわからないビックリ箱みたいな部屋がいい人だっていると思うのです。蔵のある屋敷で執事やメイドに管理させちゃうって人もいるかもしれないし!自分はどんな部屋が心地よいか、どんな人生を送りたいかを想像(妄想)するのはたいへん楽しゅうございます。そして現実を照らし合わせたら、今すべきことがおのずとわかります。あなたもいちど、妄想からはじめてみてはいかがでしょうか?

 実は再構築に伴う作業がまだ終わっていません。写真・雑貨原稿・着物・その他諸々の整理や、全ての本にタイトル付き洋書風ブックカバーをかけて本棚を理想の書斎風にすることとか(かなりどーでもいい!)。でもそろそろルーチカの再始動や5月のコミティア新刊制作にむけて動き出します。
 サイトもリニューアルしましたし、漫画は新しい電子書籍サービスでの配信を開始しています。きらら舎委託も近々再開予定ですので、これからもどうぞよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします!!