TOKO活動20周年記念本

TOKOの活動は2016年で20周年となります。これを記念して、活動を振り返った本を発行します。お察しの通り黒歴史の発掘と自分語りですので30部限定販売です。

TOKO個展、COMITIA等に出す予定ですが、なくなり次第終了となります。

 

 

こんな感じで、写真や画像も満載ですが読み物にもなるフルカラー28ページ(表紙込)です。読み物として楽しいかどうかは…うーん…なのですが、初期の昭和同人あるあるなネタは懐かしんでいただけるのではと思います。

予価500円。

『理科室の機械人形(オートマタ)』

碧空プラネタリウムさんの『理科室の機械人形(オートマタ)』のジャケットイラストを描かせていただきました。
販売サイトはこちら

ボイスドラマというものにはこれまであまり馴染みがなかったのですが、とてもいいものですね。
耳から伝わる物語。
碧空プラネタリウムさんの作品が特にそうなのかもしれませんが、空気感がすごいです。
この作品では、昼の描写はまわりが白く飛んでいて、
夜の描写は周りが闇に彩られていて
景色の全貌がとらえにくい。
境界のあいまいな感じ。
でも、灯篭祭りのワンシーンだけは、隅々までがくっきりと鮮やかに想像できる。
音だけでこんなことまで表現できるんですね…。


pixivにちょこっと大きい画像を載せました)

上の方のイラストはほぼそのまま使っていただいたのですが、
したのキャラ絵は背景のむらむらをうまく加工して
それはそれはかっこいい雰囲気にまとめてくださいました。
サイトデザインもちょっとありえないくらいかっこよい!
ぜひぜひご覧ください→http://hekiku.net/automata/

物語もとても素敵でした。とっても完成度が高いです。
私は製作途中にシナリオの草稿を拝見させていただいたので
その変遷なども思い返してとても感慨深かったです。
でも声優さんによって声を充てられると想像と全然違ったものになっていました。

いちばんのおすすめは、旬が呼ぶいろんな「先生」です。
「せんせ」とか「せんせぇ」とかもあります。たいへんよいです。

ところで、ラジオの回路を直すのには少なくともハンダごてぐらいは必要ですよね?
テスターとかがあったほうがいいよね?
ラジオ構造がよくわからない旬の家にはたぶんないだろう…
てことは先生持参?突発事態に備えられるように携帯?
すごいな理科学の教師…
ということで以下の四コマになります。


乱筆失礼いたしました。

コミティア116でした



半年ぶりのコミティアでした。
新刊なし、めぼしい新作もなし、フライヤーも7月個展のDMも用意できず、イベント準備も満足にできずで反省しきりですが、いらしてくださった方との交流が何より嬉しかった一日でした。

ロコノ制作を叱咤激励されました。がんばります!
宇宙機話で盛り上がりました。新作作ります!
マステ見本ない?って聞かれました。次はちゃんと作っていきます!
真鍮線で結晶図模型を作ってる方にお会いしました。ぜひ連絡ください!!
相変わらずスペース引きこもりだったのですがご厚意で本をいただきました。これから拝読します!
お久しぶりの友達に会いました。会えてよかった!

たくさんのパワーをいただいて、次は7月下旬の個展です。
いまから大急ぎでDM用の絵を描いて、完成次第Webでも告知をします。

そのまえに、5/10のルーチカぬり絵本発売が待っていました。
こちらもこれから大急ぎで塗り見本をいくつかこしらえねば。

新年度のバタバタも落ち着き、これから順を追って制作に打ち込みたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

COMITIA116のお知らせ

日程:2016年5月5日(木祝)11:00〜16:00
場所:有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール
スペース:D36a ささきさ



サークルカットでロコノ新刊ありと銘打っていますが、ルーチカで10日に発行予定のぬりえ本制作に圧されて、夏か秋へ
延期しました。まことに申し訳ありません。

既刊とルーチカグッズを持っていきます。昨年暮れに出したミニチュア星座早見盤もありますし、ぬりえ本の案内フライヤーの配布を予定しています。すでに予約された方や購入予定の方はその旨をお声がけいただければ先着でささやかな特典を差し上げます(うそはなしね)。

ではでは、明日、どうぞよろしくおねがいします。

碧空プラネタリウム・創作音声劇「理科室の機械人形(オートマタ)」

音楽が大好きで、そこから絵のインスピレーションを受けることは多々ありましたが、
このたびボイスドラマを作っていらっしゃる碧空プラネタリウムさんの新作のお手伝いをさせていただきました。

碧空プラネタリウム・創作音声劇「理科室の機械人形(オートマタ)」

ほんとうに光栄で、うれしくて、楽しいおしごとでした。
まだまだ未熟な水彩画ですが、素敵なサイトデザインのなかに組み込んでいただくと輝いてみえますね。
ブックレットになったらどうなるのかな〜。音と組み合わさったらどうなるのかな〜。
出来上がりがとても楽しみです。

今週末、4月24日の「M3-2016春」というイベントの
K-08a「碧空プラネタリウム」さんの新作ですよ。

是非みなさん、聴いてくださいね。

ブックレット用の絵の掲載許可もいただいていますが、
全編を聞いて、ブックレットも眺めてからpixivにあげる予定です。
こちらも追々ご覧いただけたらうれしいです。