宇宙機イメージ本

いつからか、日誌の記事のハードルを上げていたようです。
ただでさえ文章が苦手なのに、内容のハードルを上げたら何も書けません。
なのでまだしばらく、もやもやと思ったことを綴ります。
(しばらく、ではなく、ずっとそうかも)

ずっと以前は、活動計画の初期段階もけっこう垂れ流してました。
そして「だめだー間に合わない」「気分が変わった」と、予定変更も垂れ流してました。

雑貨制作は切り離して、いまの活動は漫画と水彩画の同人誌だけだから、
それくらいは垂れ流してもいいかな〜。

よし、漫画の予定ね。
あと水彩画ね。



7月の個展で、水彩画と漫画をミックスした宇宙機イメージ本を出したいと思ってます。



言った。

言ったからには頑張って作ります。
去年の秋から水彩画のほうは描きためているのですが、漫画も今から作ります。
宇宙機は、国産のなかの私がひいきにしている人たちです。
初めにお断りしておかねばならない点としては、
独断と偏見による「イメージ」先行型擬人化画集&漫画であることと、
宇宙機のミッションや特徴を、相当偏った部分だけピックアップしたあげく脚色してる点。

例えば、ある王国に正史があるとすると、
私が作るのは吟遊詩人がうたううた。
そんなものを目指したいです。

楽しみに待ってもらえるとうれしいです。
コメント