子供のこと

春から小学校に入学する女児と、保育園年中の男児がいます。
上の子が生まてしばらくはあまり子供のことを創作活動の表舞台に出しませんでしたが、
今では割とふつうに、会話の中に盛り込んでいます。
子供のことが負担だけではなく、創作するうえでのプラスの効果が出てきたからだと思います。

ただやっぱり、卒園入学のこの時期はばたばたしますね。
算数セットに延々と名前シールを貼りましたよ。
登校班の付き添いとか交差点の立哨当番もありますよ。

これから、学校から配られるプリントにちゃんと目を通さないといけないんだなあ。
そういえば小学生のころ、机のお道具箱の裏に
くちゃくちゃになったプリントをため込んでいた男子とかいたなあ。給食のパンとか。
そういう世界に親として踏み込むわけですね。

なんかこう。
創作のネタになりそうですよね。

というプラス思考で今年度はお送りしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
コメント