自分のルーツとはやぶさ旅立ちの地

お彼岸の頃、母方のご先祖のお墓参りに行ってきた。
鹿児島の大隅半島のまんなかあたり。
何十代も続いたという農家は、数学教師を目指して大阪に出た祖父の代で途絶えた。
土地とお墓だけ残っていたが管理する者も無く今は朽ち果てるばかりである。
いろいろと思うところがあるが…とりあえず、豪雨の中、墓参り。



先祖の地からそう遠くないところに、はやぶさが旅立った内之浦がある。
こちらはさらに陸の孤島…射場が建設される前は本当に何も無かったらしい。
今だってアンテナと射場跡以外は何もない。でも夢がある。
まさかここに来る機会があるとは思わなかったので、ほんと感無量だったよ。
だって、ここから、彼が…って思うと…おお…。



旅程の関係で20分しか滞在できなかったけれども、行ってよかった。

そういえば、「行ける筈もない」と思っていた憧れの地に、実は結構行けている。
宇宙関係でいえば臼田も家族旅行のついでに行ったし、一番嬉しかったのは南イタリアのオストゥーニかな。
明日更新予定だけど、この旅行で九州の観光列車にも乗れた。
願いは叶うものなのだ。ずっと思い続けていれば。
コメント