instagramの記事をtwitterに自動投稿

二百十日の穂。幸い好天が続いている。



さて、創作活動・同人活動をネットで公開するツールがここ数年で爆発的に増えた。10年位前はいわゆる「ホームページ」を構えておけばよかったのが、ブログが主流になり、SNSが幾種類も登場し。
いろんなところで情報発信したいし人と繋がっていたいけれど、この身はひとつでかけられる手間や時間は限られている。となれば、選択と集中をしたうえで、機械の力に頼ろう、ということになる。

私の現状はこんな感じ。

Webサイト:不動の情報を蓄積する場所
ブログ:多少まとまったテキストと画像を投稿する場所
アナウンス用twitter:ささきさの最新情報を投稿する場所(※1)
私語用twitter:個人的なお喋り用(※2)
instagram:スマホから画像を投稿する場所


Webサイトは更新頻度や方法が独特なので別枠として…
ブログ、twitter、instagramはどうにか連携できないものかと悩んでいた。特に何がしたいのかというと、

ブログやinstagramの投稿を、複数のtwitterのタイムラインに画像表示して投稿したい

この一点。
実は現状ではtwitter投稿に割ける時間がほとんど取れていない。一方でinstagramへの写真投稿はわりとコンスタントに行っている。写真の中には創作活動の進捗もあれば、かなり私的なものもある。instagramの創作活動関連の写真をアナウンス用twitterに、私的な写真を私語用twitterに投稿できないものか。
instagramにはtwitter連携機能があるではないかと思われる方もおられるだろう。しかしこの連携ではtwitterに投稿できるものの、twitterタイムライン上では画像はURLが文字で示されるだけなのだ(2012年の暮れあたりに画像表示の連携サービスが終了したらしい)。それに単一のinstagramアカウントから複数のtwitterアカウントに振り分けて連携という機能はない。

ここで登場するのが、SNS連携サービスだ。

よく使われているのはIFTTTというサービス。無料で無制限に使用できるし、instagramとtwitterの連携も可能。ただこのサービスは複数のtwitterアカウントを登録できないらしい。

さらに調べて見つけたのが、Zapierというサービスだ。このサービスは無料コースだと月々で使えるタスク数(投稿数みたいなもの)が100と制限つきのため、あまり使えない…と思っていたら、数々の「タスクを増やす技」というのがあって、最大で1000ちょっとまで増やせるらしい。まず、すでにアカウントを持っている人からの紹介で100増える(ここからアカウント登録すれば初期で100増える)。そのほかにもタスクを増やす操作をして、私は現状、月に210使用できる。日に7回もinstagramに投稿しないのでこれで充分だ。

zapierは英語バージョンのみだが、わりと視覚的に登録できて簡単だった。まずinstagramと二つのtwitterのアカウント認証をする。次にZapという条件付けを行う。私の場合、

instagramでテキストに#ssksを含む写真を投稿したら…アナウンス用twitterに画像付投稿
instagramでテキストに#ssksを含まない写真を投稿したら…私語用twitterに画像付投稿


という二つのZapを作った。15分ごとにUPするので多少のタイムラグはあるが、それはあまり気にしていない。

画像付投稿にするとtwipicに画像がUPされるのでtwitterのタイムラインに画像が表示される。やっぱり画像は見てもらいたいのでこの機能はありがたい。一方、instagramに投稿したという情報は付加されないので、見てくれた人をinstagramに誘導したいのであればもう一手講じる必要がある(条件付けのときにinstagramへのリンクを追加する等)。

そんな感じで、ようやっと私のtwitterアカウントも最近になって画像投稿が増えてきた。せっかく作ったSNSアカウントだもの、内容は重複するけれど、定期的に更新できればそれに越したことはない。

ブログの投稿を画像付で、さらに時間差でtwitterに投稿するサービスについては、また別の機会に紹介したい。


※1:アナウンス用ですのでフォローやリプライは基本的に行っていません。
※2:鍵をかけていないので探せば見つかると思いますが、相互フォローには応じられませんのでご了承ください。
コメント