ルーチカのこと



先週の土日に東京の科学技術館で「博物ふぇすてぃばる!」というイベントが開催された。
アマチュアによる博物学の面白さを展示(&販売)するイベントで、デザフェスの小規模博物学バージョンみたいな感じ。ルーチカもきらら舎主体で出展参加した。私は出展のお手伝いをすることができなかったのだけど、日曜日に子供をつれて挨拶に出かけた(実はSAYAさんとはルーチカで一緒に活動しているのに、最近はあまり直接会う機会がない)。

そこで、ちいさなちいさな蛍石と秤量ビンをもらった。
ちんまりかわいらしい。

今回の出展でルーチカの方向性がよりいっそう確かなものになりつつある。ルーチカのブログ等でお知らせするので確認されたし。

さて、SAYAさんとはもう出会ってから10年になろうかというところだ。ルーチカを設立してからは8年。
その間いろいろあった。迷惑かけたしかけらえれたし、傷つけたりもしたし、心も離れたり近づいたり。いいことばかりではなかったことも確かだけど、それでもお互いの活動と並行して一緒に続けてこられた。今までの活動、これからの活動についてずいぶんと話し合った。最近ではそれが実って、知識と技術を総動員してルーチカ図鑑の共著も軌道にのってきているし、ぼんやりとしていたコンセプトやヴィジョンがなんとなくはっきりしてきた。

ルーチカをはじめるまでは、たぶんお互い、たまに他の人とコラボすることはあっても結局はひとりで活動していくんだと考えていたんじゃないかと思う。でも一緒に長く続けて、いいこともあるんだなあ。と、やっと実感できてきている。

そんなこんなで私のほうは、SAYAさんには随分とお世話になって、ルーチカを続けてきてよかったなあ、これからもやりたいなと思ってる。実際、雑貨活動は全面的にルーチカに移行したのでルーチカはすでに私の活動の半身になっている。いまさら「はいやめました」ってことは無理なんである。願わくばSAYAさんもルーチカに価値を見出してもらいたい。そう願っていたところで、7月末発行のきらら舎タブロイド版フリーペーパー「Papier de Kirara」でルーチカ図鑑のことを大きく取り上げてくださってた。

うれしいなあ。

SAYAさんと私、好みの大筋は似通っているのだけど、得意分野とか知識とか、細かいこだわりなんかは結構ちがう。かなりちがう。そんなちぐはぐなふたりが絶妙なコンビネーションで相乗効果を出せるような、そんな活動をしていきたい。
コメント