リベンジの記録

こんにちは、TOKOです。
前回失敗したカラーイラストのリベンジをしました。


今まで使っていた茶色の色鉛筆が紙との相性が悪いらしく写らないので水色に替えたらうつりました。下書の上からはこんな感じでボールペンで輪郭をなぞってます。超アナログです。

ペンいれリベンジ。今回は多分大丈夫そう。きっと…。

マスキングしました。

肌を塗りました。前回より薄め。マスキングを取ったらギンコな色合い。

髪の毛の影をペンいれ。ペンを輪郭線ではなく極細の筆として扱うのは安野光雅先生の絵を見て思い至りました。もっとカラーインクを多用すれば良いのかもなあ。

髪の毛と石を塗りました。

服を塗ります。結局服が最後でした。

完成。背景を塗って逆光感を際立たせたいんだけど、泥沼にはまりそうなので止めておきます。
顔色が悪かったのでこのあと指し色をいれました。

今回使用した画材はこちら。相変わらず絵具の色数は最小限です。壊滅的なカラーセンスなので彩度をおさえてごまかしてる…

目は大事なのに難しいです。もうすこし見開いている下書きだったのに…まつげの具合でだいぶかわります。精進せねば。
このイラストは次のロコノの表紙の予定です。内容はぜんぜん違い、ウツセは一瞬も出てきませんがいまから描きます。がんばります。
コメント